2007年10月01日

【わいわい福岡】ふくおかに冒険遊び場を つくろう会(10/01)

 みなさんは「プレーパーク」という言葉をお聞きになったことがありますか?
 プレーパークとは、デンマークを発祥としたもので、大人が設置した公園より廃材や資材置き場の方が子供たちは生き生きとして遊ぶということから、世界初の廃材遊び場が誕生したことから、日本でも各地でプレーパークを作る動きがされています。今回ご紹介する「ふくおかに冒険遊び場をつくろう会」では、子どもたちにさまざまな遊びの体験をさせたい、「土・水・木」などの自然の素材を思いのままに使って『自分の責任で自由に遊ぶ』をモットーにした遊び場を、ということで、月に1回、城南区の公園予定地を中心に、冒険遊び場を開催しています。
 番組では、その冒険遊び場に集まった子どもたちの遊びの様子をパーソナリティのたすまんがレポートしています。そしてスタジオでは、代表の白水さんから、この活動の意義や、今の社会でこういう活動を続ける上での課題もなどもお話いただいています。
 子どもたちを育むのは、社会であり、環境でもあります。それらを作る大人のみなさん、ぜひ番組をご覧ください。
 そして、たまには親子で冒険遊びをしてみませんか?

わいわい福岡ポータブルへ
posted by お知らせブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリックアクセス・市民メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/59986836

この記事へのトラックバック
▲ページのトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。