2007年12月01日

【わいわい福岡】障がい者スポーツ選手雇用センター シーズアスリート(12/01)

 今回は、「障がい者スポーツ選手雇用センター シーズアスリート」が登場します。
障がいを持つスポーツ選手を社会貢献意識の高い企業が協力して支援し雇用を通じてサポートしています。選手は、自らをチャレンジャーと称して、国内外のスポーツ大会に出場したり、企業に出向き、障がいを持つ生き方を講演することで人間力を高める活動を行なっています。

 今回は、彼らが福岡市立原北小学校に出向き、チャレンジャーとしてのスポーツ選手の生活、障がい克服の工夫について話し、子どもたちと共に障がいについて考えます。また、ゴールボールのボールチャッチ等のデモンストレーションを行ない、子どもたちと楽しく交流しています。体育館でのゴールボールのコートの設営はご父兄の皆さんが事前に勉強され、担当されていました。ボールのころがる音を頼りに全身でボールをキャッチする選手に、子どもたち、ご父兄の皆さんの歓声が体育館に響いていました。

わいわい福岡ポータルページでも特集されています。

是非、ご覧下さい。
わいわい福岡ポータルへ
posted by お知らせブログ at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | パブリックアクセス・市民メディア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/72048061

この記事へのトラックバック
▲ページのトップへ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。